忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292
相変わらず更新が少なくてゴメンなさい。久々にトウブハコガメの近況でも。

b3511138.jpeg






08&09CB達は相変わらず個別飼いで、たまにこんな感じで太陽光に当ててる。屋外飼育に移行したいけど、かかる手間を考えると、重い腰がなかなか上がらず。

8a9e55fb.jpeg






GC08。この血統はメスでもこれだけ色味が出る。これで甲高がもっとあれば・・・(T_T)

39915a74.jpeg82aa5c4d.jpeg






GC09-2号。見るも無残なガサつきっぷりで、お恥ずかしい限り。甲羅の形はまあまあか。

410e43a0.jpegd267d494.jpeg






GC09-4号。色味と、甲羅の形のバランスがいい。将来的に繁殖を狙うとしたら、まずはこいつを軸に。

1012c720.jpeg






一向に模様が出て来ない08CBイエロー。何故出ない?まさか純血トウブじゃないなんて事は・・・。

8463892b.jpeg






こちらも模様が出ない08CBブラウン。正直、もうここから化ける事はなさそう。


08年秋からトウブベビーを育て始めて、3年半くらい。この5匹を育てて1つ感じるのは、餌の影響。この5匹の甲羅を見ると、形が良い順に4号>イエロー>2号>ブラウン>08の順(ここで言う『形の良さ』とは、全体的に丸っこくて厚みがあり、背甲の後半がガクッと落ちる事のない、野生のアメハコらしい甲羅の形)。

面白い事に、この順番は偏食傾向の強さとほぼ比例している。4号はベビーの頃はなかなか配合を食べず、ピンクマウスや肉をまめに与えて育てた。イエローは秋に加温飼育を開始したものの、配合をちびちび食べるだけで、殆ど成長しないまま春を迎える有様だった(その後スイッチが入ったのか、普通に成長し始めた)。成長に伴って食の幅は広がったものの、この2匹は今でも鯉の餌などを与えると殆ど残す。それに対し、他3匹は鯉の餌だろうと殆ど残さない。配合を問題なく食べるので、飼主もそれに頼りがちになる。そんな日々が積み重なった結果が、今となって甲羅の形に現れているような気がする。4号とイエローは甲高がある半面、直線甲長は短か目。他3匹は直線甲長は長いものの、甲高は低目。飼主の手を焼かせない優等生ぶりが、かえって仇になるのかもしれない。

アメハコに配合ONLYは厳しい気がする。生まれつきの素質で、配合だけで素晴らしい形に育つ個体も、中にはいるのかもしれないけど。何分、たった5匹の飼育経験。ただ、アメハコの仲間はCBとWCであまりにもフォルムが違い過ぎる事は、多くの方が感じているところだと思うので、餌は真っ先に気にして良いはず。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]