忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
熱心にトウブベビーを育てていた頃の画像。アメハコはそれなりに高温(28~32度くらい?)をキープしないと、成長のスイッチが入らない。



エミートは超熱いので、その真下にタッパを置くのは厳禁。



たまにこうやって強制乾燥。
PR
晴れ間を狙ってハコガメ達の日光浴。



GOLDCASTLE血統の3匹。同じ両親、何だかんだで3匹とも似ているように思える。



2008年生まれ。3匹の中で一番トウブらしい色・模様。



2009年4号。一番綺麗だが、一番苦労した子。



2009年2号。一番地味だが、一番楽だった子。

3匹の内1匹でも良いから繁殖に至ってくれたら嬉しいが、やはりというか、これぞというオスはなかなか見つからないね・・・。普通はメスを探す方が大変だと思うので、うちはある意味恵まれているのだが。
冷え込んだ昨夜から一転、今日は快晴。冬眠明けのハコガメ軍団、久々に日光浴。

早いもので10月下旬。すっかり涼しくなってしまった。ぼちぼち餌を減らし気味。



GC血統の3匹。ついこの間飼い始めたばかりのように感じるが、冷静に振り返るともう6~7年。30代以降に購入したカメ達は、どれも最近のように感じてしまう。このブログの役割がどんどん備忘録になって行ってる気がする。役立っている、という意味では良い事なのだが。

この世で一番悲しいのは、覚えたはずのものを忘れてしまう事だと思う。老いはやはり怖い。せめて感性はなるべく長く、若くいたい。
ベビーから育てたトウブハコガメが初めて産卵した。17日の朝、飼育部屋に行ったら既に破壊された後だった。前日は台風の影響で大雨だったが、何かしら影響してるのかな。


09の4号は尾を噛まれて隔離しているので、産んだのはGC血統の08か、09の2号か、茶色の地味なメスのいずれか。地味なメスを手に持ったら異様に軽かったので、こいつだな。08年生まれと思われるので、7年目。一番ひ弱で、皮膚も弱い個体なのだが。

正直言えば、GC血統のメス達にも産んで欲しい。こちらも08CBは7年、09CBは6年。ぼちぼち産んでも良いはず。

我が家で盛ってるオスは、甲羅がぺっしゃんこでトウブかガルフか判らないような個体しかいない。如何にもトウブなオスが1匹欲しい。
休みなのに珍しく早起き出来たので、カメの世話。水換え、太陽光の活用。



飼主の力量不足で甲が低い個体ばかり育ってしまった中、最も形良く育ってくれたGC2009-4号。ベビーの頃に偏食気味で、サプリメントを添加したピンクマウスを主体に与えていたのが、結果的に良かったのかね。



肋甲板の裾に模様が出ないのがちょっと残念だが、これから出て来るのか?もうここ何年も模様が出る気配がないので、これが最終形かもしれない(やときちさんのところもこんな感じのような・・・)。同血統の他2匹は模様がみっちり入っているのだが。

ただ、色味は抜群に良い。画像だと特別派手には見えないが、ファインダに映らない美しさがある。



太陽光の反射で頭部が紫がかって見えたり、前肢の付け根には黄色い斑が入ってたり、何とも形容し難い色彩。やっぱりトウブは良いなぁ。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[03/31 チョビ]
[03/29 イリス]
[03/29 チョビ]
[03/27 八重次郎 ]
[03/05 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]