忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560
東京タワー水族館が9月いっぱいで閉館していた事を知った。個人的には1度行った事があるだけで、また行ってみたいと思いつつも、後回しにし続けて来た。激しく後悔している。

1度だけ、幼い頃に行った事がある。1986年か87年だったと思う。小学校低学年の頃で記憶は曖昧だが、確か家族で参加した都内観光バスツアーの中で寄ったと記憶している(他にNHK等にも行った)。館内の様子も殆ど覚えていないが、床に作られた池に大きな錦鯉やカメ(多分アカミミガメ)が泳いでいたのは覚えている。当時まだ小さなクサガメを飼い始めて間もなかった私は、カメは育つと思いのほか大きくて迫力があるものだという印象を受けた。

ツアーの最中、都内の何処かでバスを停めて休憩に入ったのだが、すぐ近くに偶然ペットショップがあり、私は好奇心で覗きに行った。鳥や小動物、魚などを扱う、個人経営の総合的な店だったが、何故かヘビがいた(種類は失念)。私の地元では総合的なペットショップが爬虫類両生類を扱うなど当時は考えられなかったので(いてもせいぜいアフリカツメガエル程度)、東京では専門店でもないこのような平凡な店(失礼)でも爬虫類を扱うのか・・・と驚いた。

日本経済が丁度バブル期で、商売人が守備範囲外に手を伸ばしがちな時代でもあったので、専門じゃないけど何となく仕入れてみました~的な感じで爬虫類両生類が扱われる事も、その後はさほど珍しくなくなった。私があそこで見た光景も、そんな時代の流れの一端だったのかなと思う(ちなみにこの後、昭和末期~平成初期にかけて爬虫類両生類ブームが訪れ、この趣味がかつてないほど世間に認知される時期が来る)。

この頃は日本中が景気が良くて、水族館の運営も問題なかったのだろう。近年は赤字経営で、テナント賃料の支払いも滞っていたようだ。結局二度と行かなかった私が言えた義理ではないが、運営に携わって来た方々に有難うございました、お疲れ様でしたと言いたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[09/23 チョビ]
[09/15 イリス]
[01/21 チョビ]
[01/15 元ちよちよ]
[01/14 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]