忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338
昨年生まれのミスジドロガメ。冬は温度を下げ(収容ケースがピタリ適温に少し乗る程度)、餌を控え気味で過ごさせた。今もタッパで適当に管理しているが、目に見えるトラブルはなし。



2匹は4.5cm、1匹は3.7cm。何時の間にか差が付いてしまった。分けようかしら。それにしても、親個体と甲のフォルムが全然違う。どう育てたらあんな風に細長くなるの。

ちなみに、今年も同じ両親から卵を回収した。5月末に1個、6月12日に2個。相変わらず産卵床を設置しておらず、水中産卵。共に発見したのが夕方で、恐らく深夜~明け方に産んでいるだろうから、ちょっと発見が遅かったかもしれない。けど、昨年も駄目元で管理してたら孵化したので、今年もあまり期待せずに秋を待ってみようと思う。

今年のこれまで2度の産卵に共通しているのだが、♀親は急激に気温が下がった曇りの日の晩~翌朝にかけて産んでいる。この時期の寒暖の激しさは、本種に関しては卵の発生を促し易い側面もあると思うし、他のカメに比べて放任飼育に向く要素と言えるのでは(だからうちでも繁殖まで行けた)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 気泡 HOME 虚無感 >>
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]