忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357
今年も駄目元で管理していた、水中産卵のミスジドロガメの卵が孵った。退院して自宅に戻った時にはまだ孵化していなかったが、その数日後に覗いたら既に殻が割れてて、赤玉土の下に潜っていた。



ただ、回収した3卵の内、孵化したのはこの1匹だけ。1つは割れたものの一向に出て来ず、見えた部分にカビが生えてもはや無理っぽい。1つは割れる気配すらなし。今年は梅雨時期はかなり涼しく、夏は暑く、夏が過ぎたら一気に涼しくなり、かと思えば10月にいきなり猛暑日になったりと、かなり気温が乱高下した印象がある。入院中も、予想外の猛暑日はあったものの、かなり気温の低い日が多く、そろそろ孵化する時期なのに大丈夫かな?と気をもんでいた。

孵化に使ったのは昨年と同じく園芸用の赤玉土。ちなみに昨年は卵のケースをラックの最上段に置いたが、今年はコンクリートの床に直置きしていた。昨年の3匹はメスで、今年はオスを狙ってみた訳だが、果たして。

ちなみに昨年生まれの3匹の近況。



4.8~5cmほどになった。真ん中は少し成長が遅れたので、夏の間に単独飼育し、他の2匹にほぼ追い付いた。薄暗い環境で光源なしで飼っているので、色彩はかなり淡い。良く上陸する本種には本来良くないであろう、タッパに水を張っただけの超システマチックな飼育だが、これまで目に見えるトラブルはない。



頭頂部には細かい模様。父親と母親どちらに似ているのか、まだ判別し辛い。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]