忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
2000年の秋~冬頃、チョコエッグという食玩が大ヒットした時期があった。フルタ製菓と海洋堂のコラボで発売された『チョコエッグ 日本の動物シリーズ』は、食玩として異例の大ヒット。自分にはついこの間の事のように思えるが、冷静に考えてみると、今の若い子は全然知らないと思われる(・・・)。簡単に説明すると、卵(鶏卵くらいのサイズ)型のチョコを破ると中にカプセルが入っていて、日本に生息する動物のフィギュアが分解して入っていた。造形の世界で有名な海洋堂がプロデュースした事もあり、そのラインナップは実にマニアック、かつ精巧。一般的に嫌悪されがちな爬虫類や両生類、昆虫等のフィギュアが食べ物の中に入るのは、それまでの慣例からすると非常に画期的だった。

最初は一部の動物好きにウケていただけだったが、シリーズ3弾辺りから世間の認知度が高まり始め、4弾で大ブレイク。マスコミに連日取り上げられるほどの話題となり、次々に品切れ状態に。突然の大ブームに追加生産も追い付かず、数ヶ月に渡って店頭で殆ど見られない異常事態になった。ブレイクした4弾から一気に生産量が増えた為、生産が少なかった1~3弾(以来、”旧弾”と呼ばれるようになった)にプレミアが付いた。元々は1個150円なのに、1~3弾はネットオークションで軒並み1体1,000~2,000円、人気種は4,000円を越えるようになった。特に凄まじかったのは3弾のシークレットアイテムだったツチノコで、1体15,000~20,000円が相場になった。製作側としては『通常ラインナップ以外にこんなのも・・・』という遊び心だったようだが、そんな思惑とは裏腹に、ブームが一人歩きしてしまった。ブームの絶頂は2000~2001年頃だったと思うが、シリーズはその後も続き、食玩としては飛び抜けた人気を博した。

昨年、チョコエッグ10周年記念版が発売された。フルタ製菓はシリーズ5弾限りで海洋堂と喧嘩別れしており、一時は版権等を巡って裁判沙汰にもなった。海洋堂の職人気質と、フルタの思惑が上手く噛み合わなかったようだ。10周年記念版は、残っていた当時の型からフルタが独自に製造し、海洋堂とは関係ない。

10周年とはいえ、既に海洋堂も絡んでないし(当時のブームは、世間が海洋堂の手腕やマニアックさに惚れ込んだ面が大きい)、特に買う気にならなかったが、万代書店で10周年記念版のニホンイシガメがバラ売りされていたので買ってみた。

810d848b.JPG1dae3d93.JPG






左画像の左から順に、旧チョコエッグ3弾のイシガメ前期版、同じく旧イシガメ後期版、10周年記念版。いざ発売したら頭が黄色過ぎるという事で、追加生産分からは緑っぽくなった。海洋堂のこだわりで、こういった手直しが良く行なわれ、マニア的にはバージョン違いという事でコレクション熱に油を注いだ。単体では一見すると違いが判らないが、並べてみると結構違うね。今にして思うとちゃちい感じもするが、一目でイシガメと判る造形は、当時ではやはり画期的だった。これでたった150円だもんな~。ブーム後はプレミアが付いて、1体1,500~2,000円くらいしてた。恥ずかしながら、自分もその頃に買ったクチ。今はもう少し安いと思う(ただ、今では殆ど売られてないだろう)。

7e86f968.JPG9cd6b388.JPGe5afa94d.JPG






10周年版は、やはり10年前の型では上手く作れないのか、造形が甘い印象を受ける。あちこちが削られた感じで、頭や尾が小さい。塗装も雑。裏には、旧版は『KAIYODO』の刻印があるのに対して、10周年版は足元に『CHOCO EGG NIHON-074』の刻印。074というのは、シリーズ74番目だったからだろう。旧版と違って腹が凹んでるのは・・・オス?w

シリーズはその後どんどん進化を続け、弾を重ねる毎に造形レベルは上がって行った。『150円でここまでやるの!?』という驚きを常にもたらしてくれた。製作側も、悔いの残るものはもう1度新しく作ってリベンジするという事が良くあった。シリーズ11弾で、再びイシガメ(今度は幼体)が登場。

1b4f23d1.JPG081e3a44.JPGe78b3629.JPG






これは本当に凄い。3弾とは雲泥の差。裏側まで丁寧に作り込まれ、へその緒まである。11弾ともなるとブームもかなり沈静化し、大して話題にも上らなかったが、個人的にはこれこそシリーズ史上最高傑作だと思っている。ブーム絶頂の頃にこれが出ていたら、人気NO.1のアマガエル以上の人気を博したに違いない。

b30a1c1f.JPG






ほぼ実物大ですよ。遠目には本物のイシガメベビーにしか見えない。ブームの頃にハマッていた人でも、ブームが過ぎた後に出たこれの存在については知らない人が多い気がする。これは本当にお勧め。

シリーズは2006年に発売された11弾を最後に、休止状態。今でこそネーチャーテクニカラー等でハイレベルな爬虫類フィギュアが売られているが、それまでの様々な常識を打ち破った旧チョコエッグのインパクトは本当に凄かった。こんな小さな動物フィギュアが連日マスコミに取り上げられるなんて、自分が生きている内にはもう有り得ないだろう。爬虫類愛好家でも、シリーズ再開を密かに願っている人は少なくないはず。新シリーズ、来ないかなぁ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
最初の1個をコンビニで買ってリアルなニホンザルが出てきた日のことははっきり覚えてます(笑)。チョコにニホンザル、すごい発想です。
cuora 2010/11/13(Sat)14:44:16 編集
無題
ニホンザルという事は1弾ですね。発売当初から知ってたのは羨ましいな。古いのはプレミア付いちゃって、後から参入した人達は入手に苦労しました。
チョビ 2010/11/14(Sun)12:57:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[11/24 偽物ルイヴィトン]
[11/23 チョビ]
[11/22 ブサー]
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]