忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351
紹介しそびれ第2弾。確か以前に『紹介する』と言っておきながら、随分放置してしまった記憶が・・・。



そろそろ2年になるホオアカドロガメのトリオ。いつぞやのビバリウムガイドで『ダースモールのよう』と表現されていたが、こいつらは正に『ダースモールフェイズ』の名で売られていた。かなり狭いケースで飼い殺しているが、一応、近い内に引っ越しを考えている。

こいつらを購入した頃、旧知の愛好家が殖やした本種のベビーを譲り受ける機会があったのだが、その時は何となく気乗りせず、断ってしまった。にもかかわらず、こいつらには手が伸びてしまった。そちらも譲り受けて、こいつらと一緒に育てておけば良かったなぁと後悔している。


12cmオス、11.5cmメス、10cmメス。購入時より1回り大きくなり、性差が明確になって来た。オスは頭部が大きく、模様は細かく、前肢は太く、甲は細長い。メスは頭部は小さ目、甲は丸みを帯び、前肢は細い。ホオアカで顔の赤味がべったりと乗る個体はメスの可能性が高い(というか、このメス達のレベルでべったりと赤いオスは個人的に見た事がない)。このオスは購入時から右眼が白く濁っていて、昨冬冷やした時にはかなり白くなったが、暖かくなるにつれて多少マシになった。とりあえず生存に問題はなさそう。

甲羅は・・・購入時はもっとずっと綺麗だったのだが・・・飼主の怠惰によるものです。これでも一時よりはだいぶマシになりました(汗)。


1回り小さいメス。買うのはオスとメス1匹ずつでも良かったのだが、こいつも捨て難く、まとめて購入してしまった。オスと折り合いが悪く、頸を噛まれてこれまで何度か隔離している。

個人的にホオアカドロガメというと、背甲の後半が盛り上がった丸い甲羅をイメージするのだが、このテのド派手なホオアカは甲が低い個体が多いように思う。2000年代後半に流通したホンデュラスやグアテマラ産にはこんな感じの個体が多かったように思うが、そこら辺を種親にした血統だと思う。3匹ともCBで、一緒に売られていたので兄弟かもしれない。繁殖を考えるなら、血統の異なる個体もいた方が良いが、とりあえず目先の3匹の育成を優先。

この夏にアメリカからCBベビーがまとまって入荷したが、かなり迷った。というか、某店で(かなりクォリティ高いのに)未だに売れ残っているのがいて、店に行く度に揺らいでる。一時に比べて高騰しているのが売れない理由だろうか?キイロドロガメの最近の高騰っぷりを思えば、そこまで気にするほどでもないよね。本種こそ、いざ流通がなくなったら一気に暴騰すると思う。そんな時が来ない事を願いたいが。

実は、ホオアカには良い思い出がない。この3匹以外に、過去に6匹飼って来たが、冬眠失敗や管理不足で死なせたり、飽きて手放したりしている。いずれも綺麗な個体だった。気に入って購入したのに、いざ手に入れたら熱が冷めて、世話が疎かになってしまう事が多々あった。飼主の精神的未熟さで、酷い目に遭わせてしまったカメが多数いる。

今は、確固たるとまでは行かずとも、自分なりに覚悟を決めて飼っている。自分なりに飼って、伝えられる情報を発信して行きたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]