忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
昨年からハマッてるトウブハコガメ。一時の高値も暴落し、やっと手が届くようになって来た。

2003年に1度、当時まだまだ高かったベビーを購入したが、甲羅がペッシャンコに育ってしまった。その後、05年夏に大枚はたいてWCペアを購入するも、メスはほぼ着死、オスも翌年に突然死。その後導入したメスも甲が低く育ってしまい、トウブへの熱がどんどん冷めてしまった。残ったオスとメスのみを、半ば惰性で飼う状態が数年間続いてた。

高値の時期に頑張った愛好家諸氏の努力のお陰で、昨年からかなり求め易い価格に。ベビーの販売も増え、おっさんの中に僅かに残ってた昔の情熱が蘇って来た。ただ、購入する”決め手”がない。これぞと思える個体でなければ手を出すのは怖い。そんな昨秋、某オークションで、ある出品に目が留まった。素質はかなりありそう。甲の形が良ければ是非買いたい・・・。質問欄から出品者の方にお願いしたところ、丁寧に応じて頂き、横見の画像を送って貰った。お陰で安心して落札出来た。かくして、5年越しのリベンジがスタート。

スタートとか言いながら1年前の話なので、もうだいぶ成長してる。既に冬眠に入って画像はない為、10~11月に撮影した画像を紹介。

PA030841.JPGPB140943.JPGPB140929.JPG






PB140927.JPG







正直、これほどの逸材とは思わなかった。1年で約9.5cmに成長。近年出回る国産CBの場合、このサイズではまだ茶褐色で地味な個体が多いと思う。でも、この個体は早い段階からどんどん地色が明るくなり、びっくりするくらいケバケバしくなった(褒め言葉よ、一応)。最初に育てた個体とまるで別物。背甲の色味が凄い。オレンジ色で成型したプラスチックに、入墨したかのよう。

皮膚の部分は、単なるオレンジとも言い難い、非常に複雑な色味。角度によってはパステル風にも見え、非常に美しい。画像では恐らく伝わらない。というか、肉眼で見える姿と、デジカメで撮影した画像とのギャップが激し過ぎる。どうしても肉眼に近い画像が撮れない。他所のサイトでは、同じ容量でもっと綺麗な画像が沢山あるのに。7年前のデジカメではもう限界か・・・。とりあえず色味から言えば、最後の画像が肉眼にもっとも近いと思う。

一番気にしてた甲羅の形は、とりあえず以前よりは上手く育ったと思う。ただ、画像では目立たないが縁甲板の一部が白くガサついてしまった事とか、もっとカルシウムを採らせれば良かったんじゃないかとか、反省と後悔で一杯だ。まだまだ成長するので、反省点を来年以降に活かして行きたい。書きたい事は色々あるけど、また後日。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[03/31 チョビ]
[03/29 イリス]
[03/29 チョビ]
[03/27 八重次郎 ]
[03/05 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]