忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495
飼主は会社の夏休み。毎日ぐうたら。

ビルマ♀近況。配合飼料は大体何でも食べてくれる。咲ひかりをメインに、たまに生餌。乾燥エビには無反応。やっと成長線が見えて来た。

 

まだ本領は発揮しておらず、人影に怯えてる感じ。飼主の指を目がけて後肢で立ち上がり、ひっくり返るのが日常茶飯事のオスを思うと、落差が激しい。とはいえ、オスも飼育開始当初はかなり臆病だったので、こいつも環境に馴染み、成長と共に性格も大胆になって行くだろうとは思う。個人的にメスは初めて飼うので、今後はオスとの違いを感じる事も多々ありそう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます!

クロヤマガメは環境が変わった当初はかなり臆病ですよね
個体によっては餌を選り好みしたりもしますし、こちらから距離を縮めようと意気込むとしんどいかもしれませんよね
月単位かかることもありますが、大抵はじき本領発揮し、あとは手間いらずというか、丈夫でずうずうしくさえありますね(;^ω^)

一般にカメは♂は活発で、♀はほんわかしている印象ですがクロヤマガメはどうなんでしょうね
我が家は全員♂なので活発で楽しいですが、♀はしとやかなのかなぁと思うとやはりいつか嫁さんを迎えてやりたいです!
ワキンナマスター URL 2016/08/17(Wed)07:55:24 編集
無題
ワキンナさんこんにちは。

ワキンナさんのところはオスばかりで、大変でしょうね(苦笑)。あれら全てを単独飼育というのは、失礼かもしれませんが酔狂な愛好家にしか出来ないと思います。

以前、とあるベテラン愛好家のお宅で見たのですが、その方は広い飼育槽でセイロンのメスを様々なカメ(ハミルトン、ホオアカドロガメ、曲頸類)と雑居飼育されていました。数え切れないほどの飼育個体数で、商業ブリーダーでもあったので、限られたスペースで個体同士の相性を見ながら詰め込んでいる感じでしたが、それでもメスだから可能だったのかなと、今思うと。オスだとあれは無理だと思います。

私も初めてのメスなのでまだまだ判らない事が多々ありますが、これからも気付いた点をブログで発信して行ければと思います。
チョビ 2016/08/19(Fri)14:18:22 編集
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]