忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
金魚が全滅した。

養殖魚まつりで購入した和金3尾を導入後、どうも水質が安定しない。連日、普段以上に気を遣ってたのに、日を追う毎に水が濁って行く。今年の春は例年より昼夜の温度差が激しい気がしているが、それが追い打ちをかけた?6~7年飼って来た更紗和金、個人的に最もタフな金魚だと思っている庄内金魚までもが立て続けに死に、新規導入の和金もポツリポツリと。結局2週間足らずの内に全滅。

今まで金魚の新規導入で大きな失敗をした事はなかった。しかし、これまで度々あった飼主のミスを生き延びて来た更紗和金や庄内金魚まであっさり死んでしまうとは、私の金魚飼育に対する認識そのものが甘かったと言わざるを得ない。久々の新規導入で張り切って、普段より水換えの頻度を上げたのが、却ってバランスを崩したのかもしれない。温度差が激しいと感じるなら、さっさとヒーターを入れておけば、状態も少しは安定したかもしれない。もう遅いが。

今回はかなり打ちのめされた。当面、金魚は飼わないと思う。
PR
クリイロがノコヘリのオスにやられてしまい、しばらく前から隔離中。ノコヘリのオスが年々荒くなり、最近他個体が被害を受けがち。ノコヘリは繁殖させる予定もないので、手放す事も考えている。



左が隔離直後、右が約1ヶ月後。少しずつ塞がってる。



先々週、突然ケース内が真っ白に。想定外の産卵(&破壊)。3日間連続でポツリポツリ産み、計7~8個くらい?クリイロのオスはいないのでどのみち孵化は無理だが、今後どうしようか。ベビーを見てみたい気も、しないでもないが。

こいつ何歳くらいだっけ?と確認したら、購入したのが2007年11月。基本的に手もかからず、何となく飼い続けて、早10年か。長く飼ってると色んな事があるなと改めて実感する。
フロリダアカハラ、久しぶりに見たら剥がれた箇所はだいぶ塞がっているが、まだ一部傷付いてる。現時点で調子を崩している様子はないので、自然治癒するとは思うが。



こっちがちょっと動いたら殆どの個体がドボンする中で、反応が鈍い奴ら。



カロライナクーター、意外と逃げない。ここに移した当初は憶病だったが、1~2年かけて環境に慣れると図太い一面を見せ始めた。思い返すとフロリダアカハラもそんな感じだった。PseudemysはTrachemysに比べて甲など若干デリケートで、それを『弱い』と表現される事もある(私もする)が、それがキャラクターに直結する訳ではない。どんな個体でも、慣れる前と後では全く別物。
アルゼンチンクジャクガメもぼちぼち動き始めた。窓越しに日光浴。



2008年秋に飼い始めて、その時点で少し育ってたから、丁度9歳くらいか。2008年なんてついこの間のように思えるが、着実に歳を重ねてるね。カメも飼主も。
先日持ち帰った和金達。凄くいい。



久しぶりに金魚を買った事もあり、色々と新鮮。気持ちを新たに、手間暇かけて育てたい。
昨日の大雨でまた気温が下がってしまったが、今日は再び快晴。



昨秋で20歳になった非純血キバラガメ。大学受験直前に買ったのがついこの間の事みたい(白目)。



17~18歳のアカミミガメ雄。大学時代に買ったのがついこの間の(以下略)

老成個体が人の目に魅力的に映るのって、カメの不思議なところだと思う。大概の動物は、一生で一番美しい瞬間を切り取ろうと思ったら、ほぼ確実に若い頃だろうから。
<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
[05/09 イリス]
[03/31 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]