忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
某アクアショップに行ったら、数ヶ月前に大量入荷していたモンキヨコクビのベビーがかなり減っていた。最初の頃は30匹以上いたのが10匹以下に。20匹以上売れた訳だ。

御存知の通り、モンキはかなりの大型種。数年間はともかくとして、最終的には90cm水槽でも手狭になる(加えて冬場の加温も必要)。90cmより大きな水容器を自宅に設置する人間は、魚や爬虫類に興味無い人達からすれば狂気の沙汰に映ると思う。そんなある意味狂った人間が、あのショップの近辺だけで20人もいるか?日本中探せばかろうじているかもしれないが、この数ヶ月の内にその20人が日本中から1軒のショップに集結したとは、到底思えない。

1970年代には既に大量に流通していた本種。当時からどれだけの数が消費されて来たのか、改めて考えると何も言いたくなくなる。一時、輸入がなくて値上がりした時期があったが、ずっとあんな感じで行って欲しかった。仮に流通が少なくても、僅かに育った個体が1度でも繁殖したら途端に供給過多になるほど多産なのだから、本来なら相当シビアに流通をコントロールして然るべきなのだが・・・。

ケヅメ等もそうだが、大型で多産、かつ日本の冬を越せないカメは、不幸になり易い存在。ろくに育て切れない、飼い切れない飼主があまりにも多いが故に、不幸な例がさほど表面化しない。飼主が手を抜けば冬に死ぬので、下手に生き残る確率も少ない。本来なら供給過多なくらいなのに、何故か需要が途切れない。皮肉としか言い様がない。

正直、今更過ぎる話。自分もどちらかといえば麻痺してる側の人間だし。でも、改めて現実を目にするとやはり堪える。毎度同じ事しか言えないが、大型種を買う人は覚悟を持って臨んで欲しい。狂う覚悟を。
PR
ルナティックドラゴンvol.1を古本屋でゲット。vol.2は増刷もされてるのに、vol.1は発行部数が少ない上に増刷もされておらず、なかなか見かけない。個人的に初めて見た。内容的に増刷するには都合の悪い理由でもあるんですかね。



今となっては古臭さを感じる部分もあるが、面白い1冊。
歳のせいか寝る時に湯たんぽを使うようになった。そんな冬も、やっと寒さの底を脱した感じ。そろそろかなと思い、日中にベランダを見たら案の定。

ダイソーで丁度良いケースが買えた。さあ飾ろうと箱を開けたら、爪が1本折れてた。ある程度大きいフィギュアは、持ち運びに気を遣わないと駄目だな。同じものを購入したい方は、あらかじめ自前で緩衝材でも用意しといた方が良いかなと・・・。



ま、飾る分には問題ナッシングよね。
基本的に見るだけのつもりでいたが、思わず買っちゃった戦利品。



一般に流通するワニのフィギュアって、何を参考にしたのか曖昧で、何ワニなのかさっぱり判らないものが多い。そんな捻くれた私の目に飛び込んで来たこれ。ワニのフィギュアで、生まれて初めて『欲しい!』と思えた。



一目でコビトカイマンと判る造形。これだけ丁寧に作られていながら、値段的も良心的。ちょっと悩んだが、閉場間際に結局買っちゃった。カッコ良すぎ。



ちょっと悩んだ理由は、サイズが割と大きい事。手持ちの100均のショーケースじゃ収まり切らない。でもこのサイズだからこその見栄えだし・・・。何処かで良いショーケースを調達して来なきゃ。

ちなみにこれ、爬虫類イベントでも見かける方の新作だった。一際目を引くような作家さんはそんな何人もいないのね、やっぱり。
人生39年目、生まれて初めてホビーの祭典・ワンダーフェスティバルに行って来た。名前だけは以前から知っていたが、私の仕事は土日休みに当たらない事が多く、週末に開催されるイベントに行ける事自体が少ない。しかし、今年から勤務シフトが毎週土日休みとなり(今の職場では初めて、個人的に12年ぶり)、週末に出掛け易くなった。再び勤務シフトが変わる事もあり得るし、今のシフトが続く内に色んな場所に出掛けてみようと思っている。

で、思い立ったが吉日。生まれて初めてのワンフェス。ホビーの世界は良く解らんが、動物や恐竜のブースもあるだろうし、割と楽しめるはず。軽い気持ちで13時頃に幕張に着いたが、開場から3時間経ってるのに、入場券を買うだけでまだ20分も行列に並んだ。早朝組はどんだけ並んだの・・・。



この広い会場。これでまだ全体の広さの1/3(加えて外でコスプレしてる人達が多数)。規模が爬虫類イベントの比じゃない。一通り見て回るだけでも、会場を端から端まで何往復もしなければならない。入場した時には既に13時半。全てじっくり見ている時間はない。興味の薄いジャンルはなるべく飛ばして、割り切って見て行った。



全体で見たら微々たるものだが、爬虫類好きの心にも響くブースが意外とあった。丁寧に作られたビッグサイズのワニガメ。口の中まで良く作り込まれている。



これはカッコ良い!迫力のコモドドラゴン。フィギュア好きでなくともこれは痺れるでしょ。



種類がしっかり判るように造形されたワニのフィギュアって、市販されているものの中には殆どない。小規模ならこうやって作ってる人もいるんだなと。



モリイシガメ。質感が素晴らしい。何処かで見たような作品の雰囲気だと思ったら、爬虫類イベントでも見かける方だった。



トウブハコガメ。ここまで丁寧に本亜種を作る人はそういないと思う。



3Dプリントでここまで出来る時代。近い将来、モデラーの大多数がデジタルで造形するようになるのだろうと思わせる。



イシガメだけでなく、その周辺にも凝ったジオラマ。



ホウシャガメ。絵になるのか、本種は昔から造形化される機会が多いように思う。



全体的にはやはりガンダムやその他ロボット、美少女、アニメキャラ、戦車等が圧倒的多数。しかし、言葉で表せないような不思議なジャンルも色々あり、イベントのイメージを簡単に言い表すのは難しいと思う。軍服を着た中高年や、私も知らないような古い漫画のコスプレをした人達が会場内を歩く光景は、混沌の一言では足りないくらいに不思議な空間。外国人もちらほら見受けられた。

面白かった。もう少し知識を深めて、また行ってみたい。
<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[12/11 日本最高級激安高品質スーパーコピーN級品]
[11/23 チョビ]
[11/22 ブサー]
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]