忍者ブログ
我が家のカメ達の話題に、チラ裏を多分に織り交ぜてお送りします
[279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269
そういえば紹介した事がない、屋外飼育のニホンイシガメ。24年飼ったクサガメが2年前に死んでからは我が家の最古参で、この夏で19年目に突入。飼い始めた当時、飼主は中学3年。

a93d9f2a.JPG






一緒に入れてるクサガメ。こちらは多分13年目(当時の購入記録を失念)。大学時代にWCの若い個体を9匹くらいまとめて購入。殆どの個体は数年は生きたけど、脱走したり、産後の肥立ちが上手く行かなかったりで次第に減って行き、こいつだけ残った。

P1010230.JPG






日本を代表するこの2種については、これまで多数飼育して来た。記憶の限りで、一時的に所有した個体も含めれば、これまでにイシガメは9匹、クサガメは10数匹を手元に置いて来た。それはWCの大型個体だったり、デパートで売られていたベビーだったり、飼主がマニア化してからの衝動買いだったり、譲り受けたものだったり・・・。しかし、現在ではそれぞれ1匹ずつしか残っていない。

この2種は日本人にとって身近なカメであるが故に、自分にとっても飼育のステップアップの為の踏み台だった。ごく初期の皮膚病をこじらせたり、餌の量が全然足りてなかったり、酷い時には飽きから来る水換えのサボり過ぎ等、今にして思えば残念な理由でみすみす殺してしまった個体が多数いる。飼主の”今”は、無数のカメの犠牲の上に成り立っている。

10b0b3ed.JPG






本当に良く生き延びてくれた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
連投失礼。最近、深夜の仕事が増えてやっとベッドで携帯から見てます。
やっぱりチョビさんは長く長~く亀を飼育されてこられてるから、一頭一頭に対する想いや歴史が数ありますね。(^-^)
わたしはあれこれ味見しては放棄したり断続的な趣味で、一頭の長い飼育をなにひとつ成し遂げられていません。忸怩たる思いで、情けないのですが、今更やはり和亀の魅力を再確認し、飼育を再開してる次第です。
20年近く飼われてるイシガメはチョビさんの亀飼育の歴史が刻まれているのでしょうね。
わたしは無駄に海外の蛇・亀・蜥蜴・蛙などを250種ぐらいは経験あるのですが、何ひとつ5年以上の飼育をしてません。それは移住や興味の移り変わり、経済面など度々の飼育者の身勝手が原因。
しかし、飼育自体が確立されてない爬虫類に対し、犬猫のようにどうやって終生飼育が出来よう、それよりより多くの種類の中から自分に合うものを探してゆく方が有意義だと自分で勝手に決めていたところもあって、つい爬虫類グルメの地に陥るハメになった。
今は出来るだけチョビさんのように長く飼育してゆきたいと思った矢先、数ヶ月前に買ったキボシヌマが死んでしまいました。理由がわからない。かなりタフなイメージを持っていただけにショックも大きかったし、なんと今回のアミメガメを予約し、金も支払い店に取りに行くその日の朝に死ぬなんて皮肉です。まるで新しい亀はキボシヌマが死んだから買ったようで、ブログには記事に出来ない状態。
生臭い話ですみません。いや、まさしくチョビさんのおっしゃるようにいくつもの犠牲の上に飼育という趣味が成り立っているのかなァ。
suisou URL 2011/09/20(Tue)02:39:02 編集
無題
優しそうな顔をした個体達ですね。これからも末永く飼育されることを祈ります。
ビビット 2011/09/20(Tue)22:30:34 編集
無題
私もあれこれ目移りし易い方で、色々飼いたいお気持ちは良く解ります。その辺は歳取って落ち着いたというか、エネルギーがなくなったというか(笑)。多種多様な飼育経験をお持ちなsuisouさんが羨ましいです。

個人的に、『こうでなければ駄目』という空気にはどうも心の中で反発してしまいます。近年の繁殖至上主義もどうかと思ってますし。気に入った個体を繁殖抜きで飼うのもアリなはずです(繁殖が求められる希少種はまた別として)。あれこれ飼うのが単純に悪いとも思えないんですよね。

『本当に自分はこれでいいのだろうか・・・』という時期に、誰しも突き当りますよね。そこで趣味を止めるのも1つの立派な決断ではあるんですけど、止められない人もいます。それなら、過去の失敗を塗り潰して行くしかないと思います。別の何かで塗り潰して行かないと、辛い記憶しか残りませんからね。

キボシヌマガメは残念でしたけど、他の個体達を飼い続ける事で、suisouさんの気持ちの隙間も埋まって行くと思います。そこら辺は前向きにやって行きましょう。
チョビ 2011/09/20(Tue)23:45:09 編集
無題
>ビビットさん
ありがとうございます♪根拠はないんですけど、不思議と穏やかな顔つきの個体は飼育に順応し、丈夫で長生きするような気がします。この個体達で我が家の最長寿記録を更新したいですね。
チョビ 2011/09/20(Tue)23:52:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チョビ
性別:
男性
自己紹介:
1978(昭和53)年生まれ。1.7m級の♂。爬虫類や魚が好きです。末端の一愛好家として色々と書いて行きたいです。
最新CM
[08/19 チョビ]
[08/19 NONAME]
[05/21 チョビ]
[05/17 yodogawa]
[05/10 チョビ]
最新TB
バーコード
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]